HOME | 伝えたいこと

 Message

伝えたいこと/遺影撮影について 
ご自身と大切な人たちへの「贈り物」に

遺影撮影の笠原写真事務所
   
遺影撮影の笠原写真事務所
  10年以上前、親しい付き合いの知人から「両親が長年営んできた商店を畳むことになったので記念写真を撮ってほしい」との依頼があり、ご夫婦のポートレートをお店の前でお撮りしました。

2年後、そのご主人が亡くなられた時、そのポートレートを遺影写真として加工し、提供しました。当時まだ少なかった家族葬でのお見送りでしたが、幾人もの方から「いつもの兄さんが居るみたい」「やさしく笑っていてほっとした」「自然な感じがいいわねえ」とお声をかけていただきました。
またその後、在宅介護を受けながら一人で暮らす奥様からは「毎日パパと話しているみたいでうれしい。ヘルパーさんたちにもよく褒められるの」と、はずんだ声でご報告いただくなど、思いもよらない評価をいただいたことがうれしく、そしてなにより「遺影写真」が残された方に与えるめぐみのようなものを実感した経験が、遺影写真を撮ることを始めてみようと思うきっかけになりました。
その後、終活として遺影写真を撮る方も増えてきたのを目の当たりにして、ご自身のお気持ちや人生の整理のお手伝いという意味でも大切な仕事だと感じています。

撮影のスタイル 

お好きな場所で納得の一枚と出会ってください。

慣れ親しんだ自宅、お気に入りの公園、思い出の場所、など、お客様のご希望の場所に喜んで伺います。
室内なら、最新の照明機材でまるでスタジオに来たようなライティングで撮影させて頂きます。
野外なら背景を生かしての自然光の中、のびのび、生き生きとした表情を撮影させていただきます。
せわしない気持ちは自然でリラックスした表情になりずらいもの。出来るだけ、ゆったりと時間をとって、のんびりと撮影することを心掛けています。

 ひとり落ち着いた雰囲気でも、みんなでワイワイたのしくでも

安心してリラックスできる環境は人それぞれ。最も良い瞬間と出会うには、どんな場所で撮るかという「撮影環境」も大切ですが、どんな雰囲気の中で撮るのかといった「気持ちの環境」もとても大切、と笠原写真事務所は考えています。
ご自宅でひとりでじっくり落ち着いてというのも素敵ですが、ご夫婦、ご家族、親しいご友人などとワイワイ和やかな雰囲気での撮影も素敵です。きっと普段されているだろう、あなたの楽しく伸びやかな表情が飛び出してきて、それがなんとも魅力的で、おすすめしています。撮影されないご家族やお友達のご同席も大歓迎です。撮影自体がご家族、お仲間でのよい思い出になったと喜んでいただいています。